スポンサーリンク

【暴露】元留学カウンセラーが途中で語学学校を辞めた理由!海外行けば英語が身につくと思っている妄想に終止符を打ちたい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ben-white-197668

留学のメリットではなく、デメリット知りたくありませんか?本当の留学とは?留学の落とし穴とは?物事は表裏一体。2017年どこかの誰かの新しいチャレンジに向け、僭越ながらここでしか話せない裏の情報をご共有させて頂きます。

何故、4ヶ月申し込んだ語学学校を3ヶ月で卒業する事にしたのか?

Processed with VSCOcam with f2 preset

私は、途中で語学学校を辞めた一人です。

何故、辞めたのか?

語学学校を辞めた理由①ハイリスク、ローリターン

当時、私は大学生で、語学留学でカナダに6ヶ月滞在していました。目的は、英語を習得する事。そもそも英語を取得するために留学を選択した私が無知でした。

留学てとにかくお金がかかる!

*4ヶ月の留学で最低限必要な資金

航空券10万

ホームスティ30万〜40万(昼食なし)

語学学校授業料50万(入学費込み/教材費別途)カナダで一番安い学校の学費

交通費や食費、アクティビティ(放課後の遊び) 20万

 合計120万

これはえぐいです。海外保険も加入したら最低120万では済まされません。

何故、えぐいのか?

120万かけて得られるものが英語力ではないからです!!!

4ヶ月という時間とお金をかけて得られるもの、それは「自分留学している」という自尊心と自惚れ。海外に友達出来たぜ自慢。英語で買い物出来る!生活できる!小さな自信と見栄。

語学学校を辞めた理由②え?全然、語学学校で英語が上達しない衝撃

通学し3ヶ月。危機感を感じます。こんなにお金と時間をかけたのに、全然、ボキャ(語彙力)を身につかないし、ホームスティでパーティーあって、ネイティブが集まると会話に入れない!

学校が終わった後、多国籍メンバーでサッカー!英語と関わる機会が多く、時には、チームメイトが骨を折り、救急車を呼ぶ、体調が悪く、海外で病院へ通うなど、英語を話す機会を自ら設けていたため、英語を話す量に自信はありました。

ただ、それでもネイティブが2人以上、集まると、、、、

???

と、まったく話せない、耳が聞けない状況。

そう、私は悟ったのです。

語学学校の英語のスピードと言い回し、全然使えないじゃん?という事実を。

まず、スピード

語学学校では私たちは生徒であり、学校運営者からすればお客様です。なので、分からない時は、分かるまで親身に、解りやすい言い方で言い直してくれます。

そのため、つい一昨日もあったのですが、道端ですれ違い様、現地の人にめっちゃ早く話しかけられたので聞き返すと、「英語分からないなら、良いや。」と気にしないでと、言う事さえ諦め、私ポカーン現象になります。

これが仕事なら、dealは進み、自分だけ参加出来ない機会ロスです。

英語が出来ない人に合わせて授業が進むのは、確かに英語の習得にはなりますが、本当の上達にはなりません。

次に、言い回し

学校を辞めた最大の理由はここです。語学学校て、授業ではイディオム(日本語で言う諺や四字熟語)みたいな言い回しをとにかく学ばされ、中高で習っていた現在完了や、付加疑問、関係代名詞を英語で学ぶだけです。

それをいざ実践!使ってみようとなっても、お互い英語が話せない同士、本当にこれで良いのか?と戸惑うばかり。通常、先生が使用する英語を真似ているだけなので、これがいつ本当に使えるのかもよく分からない。

そして、クラスや寮、ホームスティ先でも常に同じメンバーに囲まれているため、どれだけ月日が経っても、使う英語や言い回しのアップデートはほぼないわけです。

以上、私が考える、語学留学のハイリスク、ローリターンの決定的な理由です。

みんなが分かる英語を使用する事が、授業の貢献になる。すると語彙力はいつまでたっても伸びない。上のクラスに行けば行くほど、めっちゃこいつばっか英語話すやん!みたいなやつが一人いたら、そいつがずっと話して、授業を独占。そいつの話を聞いて授業が終わります。

語学留学では英語はのびない、では何が伸びるのか?言っておくが英語力ではない

英語力ではないのだ。語学学校で身につくのは。

英語を話そうとする勇気と、自分は出来るという自信なのだ。

特に、この自信がやっかいである。留学をした人は気持ちが大きくなっている事が多いです。帰国して実際に無職の現実を受け入れられなかったりするのは、留学中、学生という身分があったから。

実際は、何も身分なんてない、何者でもないのです!
私も再就職には本当に苦労しました。カナダから帰国し、痛感した事実。
高校が有名な進学高だったので、名の通る地元で就活を試みてみたのですが、新卒という道を外れてしまった私は中途採用。中途としては留学の経験だけでは通用しません。カナダの現地会社という海外勤務の経歴でさえ、グローバル企業に興味を抱いて頂けなかった。

理由は1つ。

海外に行っただけで、気持ちが大きくなりすぎて変なプライドや、意地があり、扱いづらいからです。

 

まとめ

pexels-photo-235558

じゃあどうすれば良いの?語学留学は割り切る事が必要

本当に英語を学びたいなら、日本ほど、大人になってから背中を押してくれるコンテンツの充実はない。今からでも、場所時間選ばずに始められるオンライン英会話がオススメです。

TOEICも日本程、安い国はないと思います!日本でばしばし自分に鞭打って、自分にあった参考書を片手に、英語を話す機会に参加し、英語習得を日々継続で行うのが、語学留学をしなくても英語がみにつく方法だと私は思います。

現に途中で語学学校を辞めた後、1対1の英会話教室に通い、そこで英語力が伸びたと思うので、なんだかわざわざカナダへ行かず、オンライン英会話でも良かったのではないかなと思います。

では、語学留学はどういう目的で行けば良いのか?

まさに異文化体験を得る目的が一番です。他の国の文化、世界、生活の方と交流する!旅行。ざっくり言うと高度な人生の遊びです。人生の遊びとして英語も少し話せるようになって、旅行も出来て、友達も出来たら、これはハッピーです!

語学留学という人生の遊びは大成功です!

英語力を求めると必ず、挫折します。自分の理想と現実は語学学校では絶対に埋まりません。

pexels-photo-239853

ただ、語学学校を長く通う事でハイリターンの例外が2つあります。

まず、Pass wayです。

Pass wayとは大学や専門学校に入学する前に、求められる英語力(主にIELTS)を取得するために付属の語学学校に通う事です。これは、英語を学ぶ事が目的の留学ではありません。

英語を使って自分の学びたい事を学ぶ留学なので、ここで出会うメンバーは気合が違います。もちろん、どれだけ本人に根性と情熱があるかが一番ですが。

ただ、肝に銘じて置きたいのは、私たち日本人は海外では外国人。学費は通常の2倍です。私も、MBAを取得するために、海外の大学院を一時目指す事を考えていましたが、授業料だけで800万とかレベルがギロッポン牛耳る人の如くやばかったので、断念。

よくヨーロッパの一部の学校では授業料が無料など話がありますが、それは誰かが働いて国に収める税金で行かせて頂いているだけなので、無料であって無料ではないのです。どこかであなたのために誰かが汗を流しています。感謝しかないです。

次に、ワーキングホリデー

社会人の方も、安心して下さい!キャリアアップ、転職をしたければ海外で勤務経験を積める、ワーキングホリデー制度があります!

ワーキングホリデーの良いところは、自給自足の生活が出来る事。

もし英語力が心配なら、ワーキングホリデーの初めに語学学校通い、人脈と語彙力を増やす事も出来ます!学校でお金を使っても大丈夫!これだけ払ったんだからと、気合と意地で良い仕事をみつける努力が出来ると思います。みつかるかはその人次第ですが。

最後に

留学は尊いものや、キャリアアップや転職のステップとして美化されがちです。本当に英語力を伸ばしたければ私は、語学留学で語学学校に通学する事は絶対にオススメしません。てか、オススメ出来ません。とりあえずお金払って、申し込んだだけでは絶対に英語は伸びません。

留学には勇気と覚悟が必要です。

覚悟とは、自分のした事が全て自分にストレートに帰ってくる覚悟。

私が海外に来て良かったと思うのは、海外で働くキャリアを積めた事。海外で働く=お金を生み出す事。人脈0、知識0の環境で、根を下ろし、花を咲かす作業が出来る。どんな花を咲かせるのか水も、費用も与えられるのは自分次第。

今日の一言

自分のした事がストレートに自分に返ってくる。それが本当に楽しい。そう考えられる引き出しを増やせるのが海外。そして、そう思えたら人生の覇者。

スポンサーリンク

TwitterでSeca_Challeをフォローしよう!

いいね!して、セカチャレの
最新記事を受け取ろう。

最新情報をお届けします

facebookアカウントでコメントを残す