スポンサーリンク

Kaboの4コマ★「カレー食べたい」は〇〇の前兆!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
img_0468

秋も少しずつ終わりが見えてきたような今日この頃、、よくこんな言葉を耳にします。「カレー食べたい」そんな言葉が聞こえてきたら、教えてあげてください。〇〇に注意!

img_0468

カレーが食べたい状態=風邪の引き始め、なんだそう!確かにスパイスの効いたカレーを食べると体がぽかぽかしてきて、風邪を吹き飛ばしてくれそうですもんね!

ちゃんとした理由もあるんです★ 詳しくはこちら!

なんとなく体が重だるい、背中がゾクゾクする、喉がいがらっぽい、鼻水が出る、熱っぽくて頭がぼんやり…風邪のひきはじめによくある症状です。これは、体力の低下に伴って、体が本来持っている免疫力が低下し、空気中にあるいろいろな雑菌に負け始めている状態を表します。この時、体は免疫力を高めるために、体全体を活性化させ、体温を上げて血流を促し、健康状態を取り戻そうとします。

その手助けをする生薬、つまりスパイスを多く含む食品が、カレー。だから、その生薬を記憶している脳がそれを欲し、「食べたい!」と考えさせる、というわけで、すなわちカレーが食べたいと感じる時は、風邪の前兆だと言えるのです。(https://cafy.jp/36606 より抜粋)

カレー食べたい=風邪の前兆!そしてカレーを食べれば、スパイス・薬味の働きで風邪菌もやっつけれらるというわけ!人間ってすごい!本能でカレーを欲している時は、自分の体の声に耳を傾けてみてね!あと、手洗いうがいも忘れずに!

最後に

だけど、今日の夕飯は豚汁うどんよ!(昨日の残り笑)

スポンサーリンク

TwitterでSeca_Challeをフォローしよう!

いいね!して、セカチャレの
最新記事を受け取ろう。

最新情報をお届けします

facebookアカウントでコメントを残す