スポンサーリンク

【ワーホリVisa延長したい!】ピッキングや箱詰めのSeasonal WorkからのワーホリVisa延長について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
picking

Yuiです。ニュージーランドではSeasonal Workを3ヶ月すれば、ワーホリビザを3ヶ月延長できるということは知っている人も多いと思います。先週の記事で少し触れましたが、今回は仕事の探し方も含めてもう少し詳しく話していければと思います。

Seasonal Workについて

以前の記事はこちら

ちょっとこの以前の記事に少し詳しく書いてしまったのでパクります!

seasonalwork

ニュージーランドでは通常ワーキングホリデービザで滞在できる期間は1年間ですが、3ヶ月ピッキング、箱詰め、動物のお世話などのseasonalのお仕事に就くとその3ヶ月分滞在を伸ばせるVisaにアプライできます。そのVisaの名は

Working Holiday Extension Work Visa!!

なんか名前がややこしいですな。3ヶ月Seaonal workをしたからといって勝手に伸びるものではなく、自分で申請しなければならないので注意してください。

  • すでにワーキングホリデービザでニュージーランドに滞在している方
  • 3か月間seasonal workをした人でそれを証明できる人

あと、全てのSeasonal workがこのWorking Holiday Extension Work Visaに適応される訳では無いようなのですvisaアプライには雇用主から農園就労期間の証明が必要なので、仕事を始める前、事前にオーナーさんなどに確認を取る必要があります。

応募は以下のイミグレーションのサイトから!

https://www.immigration.govt.nz/new-zealand-visas/apply-for-a-visa/about-visa/working-holidaymaker-extension-work-visa

Seasonal workで人気のフルーツ関係のお仕事

ニュージーランドのSeasonal workで人気なのはやっぱりフルーツピッキングや箱詰めなどのお仕事。できる果物の季節によって仕事がある時期、ない時期が分かれますが、季節さえ把握すれば仕事は見つかるはずです!

ニュージーランドは北島と南島で気候も取れる果物も変わってくるので、仕事が増える時期も若干づれてきます。暖かい北島では11月くらいからピッキングの仕事が多くなる傾向ですが、南島だと12月以降、などなど。

仕事の探し方!

↓↓↓こっから新記事↓↓↓

地域と時期を見極めよう!

やはりまずはどこでどういう作物がとれて、いつ頃旬を迎えるかをチェックしないと何も始まりません。時期を間違えると仕事の募集は皆無。何も見つかりません。

以下のページはバックパッカーなどのアコモデーションをまとめているWebサイトなのですが、ニュージーランドのどの地域でどういう農作物が主に取れるのか良くまとまってます!

Picking Seasons in New Zealand

後でグラフ作ってUPしようと思います!

バックパッカーから攻めよ!

前述のwebサイトのように、なぜバックパッカーのwebサイトで農作物の情報が取り上げられているかというと、フルーツピッキングの仕事では住み込みで働ける場所の他に、農園の近くのバックパッカーに泊まり、そこから通うという形が多いからです

なので大きな農園が広がる地帯には通常たくさんのバックパッカーなどのアコモデーションがあり、泊まっているバックパッカーが仕事を紹介してくれるというところが多々あります。

Working a Fruit Picking Job in New Zealand

このbackpackerのwebページにも書いてありますが、

  • とりあえず農園回って仕事あるか聞いてみるべし
  • BackpackerGuide(このwebサイト)の求人ページで探してみるべし
  • 泊まってるバックパッカーに聞いてみるべし

ただ、どこのバックパッカーも良いところとは限りません><Lilaccoさんが口コミページでバックパッカーの体験談を書いてくれました!

求人口コミ教えて下さい。

「Peace Haven」という韓国人経営のバッパーがありますが、ブレナムではみんなが知っている悪徳バッパーです。「ビンヤードで○人人手が足りない。うちに泊まってくれたら仕事を紹介するよ」と言って客を誘い込みますが、実際は仕事の紹介をしてくれません。
「もう数日待ったら仕事を紹介するよ」と客を引き留めつづけ、さらに1週間2週間経っても仕事を紹介しません。
結局諦めてブレナムを離れる決心をし、お金も時間も無駄にするバックパッカーがたくさんいました。

信用しすぎるのも怖いですね。下調べはよくしてからバックパッカーを決めましょう!!他にも待遇が良いバックパッカー、楽しかったピッキングに関しても書いてくれてるので是非読んでみてください。

Webサイトを責めよ

これらのページが使えるかもです。

http://www.seasonaljobs.co.nz/main.asp

http://nzdaisuki.com/classified/job/farm-picking-56

http://www.backpackerboard.co.nz/work_jobs/new_zealand_fruit_picking_jobs.php

 

下記のURLはOtago地域のみの雇い主の連絡先と、時期などまとめが載ってます。

http://www.centralotagonz.com/PicsHotel/CentralOtagoRTO2014/Brochure/Seasonal%20Handout%201510.pdf

ここに載ってる連絡先に直接メールを送るなどしても良いのですが、webサイト行って専用フォームに記入してと言われて二度手間になるので、まず始めにその農園のwebサイトに行き、フォームがあるかどうか確認した方が良いと思います。

ちゃんと雇用条件を確認してから応募せよ

農園によって、時給、時給+インセンティブ、インセンティブのみ(最低賃金以上)など、給料の携帯はいろいろ変わってきます。フルーツの箱詰めは時給。ピッキングはインセンティブ。をよく聞きます。

私が見た農園の条件として、7days働ける方のみ応募してください。と書いてある場所がありました。これは休みなしで一週間まるまる働かなくてはならないのか、それともただダブルワークは無理だようちの集中にしてよ、的な牽制で行っているのかは定かではないですが、休みはもらえると信じています。

最後に

幸運を祈ります!!!!

そしてクイーンズタウンでは暖かい時期のみ開催している土曜日のRemarkables Marketが再スタートいたします〜!興味がある方、詳しくはこちらをご覧ください!

スポンサーリンク

TwitterでSeca_Challeをフォローしよう!

いいね!して、セカチャレの
最新記事を受け取ろう。

最新情報をお届けします

facebookアカウントでコメントを残す