スポンサーリンク

【衝撃事実】2016年5月改訂!難化傾向の新公式TOEICテスト導入後、日本でなく海外ニュージーランドでTOEICを申し込んだらこうなった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
18863654194_5b85441019_b

2015年5月29日のテストから新形式が導入されたTOEIC。難化傾向と感じてしまうボリューム改訂に英語業界を震撼させた。就職・転職・大学・大学院進学でTOEICスコアが1つの英語力の指標として求められる現代。そんな時代背景の中、日本でなく海外でTOEICを受験しようとしたら衝撃事実が発覚した。情報を制するものが時代を制す!とはまさにこの事。

TOEICの存在さえ知らなかった英語嫌いが難化傾向の新形式TOEIC時代に必勝宣言!

SONY DSC

SONY DSC

TOEICてなんぞや?とは言えない時代!TOEICについて理解する

■ TOEIC Listening & Reading Testとは

TOEICとはTest of English for International Communicationの略称で、1979年に開始された英語によるコミュニケーション能力を幅広く評価する世界共通のテストです。テスト結果は合格・不合格ではなく、リスニングセクション5点~495点、リーディングセクション5点~495点、トータル10点から990点のスコアで評価されます。評価の基準は常に一定に保たれ、受験者の能力に変化がない限りスコアも一定に保たれます。
2014年度の日本における受験者数は240万人で、個人による受験のほかに 約3,400の企業・団体・学校等で採用されています。企業では自己啓発や英語研修の効果測定、新入社員の英語能力測定などといった目的のほか、海外出張や駐在の基準、昇進・昇格の要件としても利用されています。また学校では、レベルチェック、授業の効果測定、入試や英語課程の単位認定の要件として活用されています。
■ TOEIC Listening & Reading Testの制作機関

TOEIC L&Rは、米国にある非営利テスト開発機関であるEducational Testing Service(ETS)によって開発・制作されています。日本におけるTOEIC L&Rの実施・運営は、一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)が行っています。(TOEIC® Listening & Reading Test 出題形式一部変更について引用)

TOEICはセンター試験と同様、マーク式の解答です。選択肢(A ・B・C・D)に1つ必ず答えがあります。おおよそ1問5点換算ですが、テストによって正答数や受験者数が異なるためそういった点を考慮し点数を出すようです。どんなんやねん。

じゃあ適当に解答用紙にマークをつければ良いじゃん!

201303021639410d8

と、思い全て同じマークA塗り戦法で挑んだとします。結果は、、、

疑問55 全部(A)を塗ると

スコアはスコアは正答数に基づいて算出されます。
記号を(A)で統一する実験をする予定はありません。なぜなら・・・

やった人がいるからです。

自称「プチ変態」の常野雄次郎さんです。
第124回の公開テスト(2006年7月)で(A)だけ塗りました。
・リスニング:110
・リーディング:70

計180という結果で、パーセンタイルランクは両方0です。彼のブログに証拠画像があります。正答数は不明ですが、確率的にはリスニングの方が少し多いはず。(TOEIC対策疑問ひたすら100連発byヒロ前田引用)

990点満点中180点になったようです。履歴書に記載出来るTOEICスコア。英検ではなくTOEIC!と問われるようになったきっかけは、就活や転職業界でのスコアの目安も出されてる要因も大きいかと。進学においても、入試において英語のテストをパス(英語力がTOEICテストで証明されているから私たちの入試の英語テスト受けないで良いあるよ〜)が出来ちゃいます。高得点スコア保持者に限り。大学院入試でTOEIC(R)Testを活用する52の大学院といった指標もあります。

今まで受けた英検は無駄だった?そんな事はない、きちんと換算表もあります

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-12-14-45-41

IELTS/TOEFL/TOEIC/英検スコア換算表引用)

英検と同じように並んでいる英語力を図る別のテスト。IELTSは移民、TOEFLは世界の大学へ進学する時に重要視されているというイメージですかね?何度も言いますが、TOEICは国内であればとりわけこの中でも、重要視されています。

表のレベルというのは英語のレベルを示します。海外で英語を学ぶと英語レベルによってクラス分けがされます。あくまでも私の感覚ですが、初級のElementaryから大体、義務教育の英語を得て辿り着くPre-Intermediateレベル。所謂、日本人特有の文法は把握しているが話せないレベル。Intermediateが留学して英語聞き取れるようになってきた〜!レベル。最終的にはUpper-Intermediateのレベルまで行くと大体、語学学校ではGE(ジェネナル英語)総合的に話す事、聴く事を学ぶクラスでは最上級クラスになります。ここからテストや進学に向けてIELTSやケンブリッジといった英語コースへ移動し、よりアカデミック、学問的体系として英語を受ける人が多くなります。

さて、ここから本題です!

2016年5月にTOEICテスト改訂したってばよ!新公式TOEICについて

2016年5月29日(日)の公開テストから導入される新しい出題形式には、日々変化する英語の使い方、そして世界における、日常やビジネスでの英語によるコミュニケーション方法が反映されます。

変更の理由についてETSのTOEICプログラム・エグゼクティブディレクターFeng Yu氏は、次のように述べています。
「英語の使い方は日々進化、変化しています。その変化に合わせて、テスト問題も進化、変化させる必要があります。TOEICテストが、現在使われている英語を反映し、そして受験者が必要とする英語のスキルを確実に測定するテストであるために、ETSでは、この度TOEICテストの出題形式を一部変更してまいります」

出題形式の一部は変更されますが、調査を繰り返し実施し、TOEICスコアの持つ意味が、出題形式の変更前後で変わらないことが検証されています。また、テストの難易度やテストの実施時間にも変更はありません。(ETSは、TOEIC®テストの出題形式を2016年5月に変更します

はて?どゆ事?詳しく!そういう方のために、問題パートの変更点を用意しています。従来と比べ、新公式TOEICテストはここが変わる!

henko2

TOEIC® Listening & Reading Test 出題形式の変更点画像引用)

パートによって、問題が増えたり、減ったり、らじばんだり。でも相変わらず、リスニングパート1〜4とリーディングパート5〜7の配分時間は変わらず。にしても計2時間て長くない?笑 今更だけど。ただ、私が新形式受けたくない!と思わず拒否反応を感じた変更点について2015年11月20日 東洋経済ONLINE記事に明記されています。以下、記事参照。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-12-15-14-49

拒否反応を示した場所、お分り頂けただろうか?

・話者が2名という王道ラブストーリー月9から一変。1人乱入で3角関係?昼ドラ状態へ?(注:TOEICはビシネスの世界なのでラブストーリは出てきません。ただ話者が3名になったという事です。)

・死に物狂いで辿り着いた最後で大問1つに読まないといけない文書が3つ。何?地獄に向かって、問題解いているのか現象。

チャットや簡単な言い回しが増えて、親しみやすくなったという利点なんて忘れ去られてしまう程、えげつないボリューミーな変更。満点確実のパート1の問題が減って、集中力が切れやすいパート3の問題が増え、パート6という時短の場所も1文挿入問題で破壊。最後、死ぬ物狂いで辿り着いたパート7では1つの大問で文書が3つ出てくるだと?まさに地獄。どうするPiro?お前に地獄を迎え撃つ力はあるのか?海外勤務ながら英語を雰囲気でやりこなしてきたやつだぞ。そんな自己からの脱却を覚悟し、在住のニュージーランド、海外でTOEIC申し込みを行ってみた。

まとめ

日本と韓国における TOEIC® Listening and Reading テストの改訂

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-12-16-15-04

ん?、、、え?つまり、日本と韓国以外での国、海外でTOEICを受験したら、今もまだ旧公式のTOEIC形式を解く事になるて事?

2016年5月、TOEIC形式改訂宣言をされたのは、日本と韓国のみ。

【衝撃事実】2016年9月現在、ニュージーランドで受けるTOEICは新形式ではありません!従来の形式です!

TOEICを受験する学校から受験の手引きが送られてきたのですが、その手引きが従来のテスト形式で「あれ?そういえばオセアニアのTOEICページをみてもどこも問題形式が変更なったて明記されていないよなぁ〜。とても重要な事なのに。」と思い、情報を再度、念密に調べた結果、自分の情報の見落としに気付いたのでした!笑 現地の情報収集が一番大切!

旧公式TOEIC教材しか手元になかったPiro、まさにガッツポーズ!強気で取り組めます!何より、点数配分は変わらないので、自分がより好ましい従来の公式TOEICテストで確実に高得点を目指す!

新公式攻略法はないのか?あります。きちんと生きる強さを持った勇ましい者が日本で立ち向かっています。新形式TOEIC リーディング対策・時間配分と勉強法まとめのサイトで紹介されています。勇敢すぎる。私も新形式を攻略するぞ!と言ってみたいものですが、人生、身の丈。私みたいな英語から逃げ続けてきた者は旧公式でスコアアップをした方が良い。なんせ大学1年生の時、初めて受けた旧公式スコアが340点だったのだから。How are you?て聞かれてThank you.て返してたあまちゃん、よく海外で4年間も生活出来たな。逆に。

海外は日本と比べてTOEIC受講料が2倍も高かったりしますが、申し込みもテスト2週間前、結果送付は10日以内と簡単に受講手続きが出来るのでオススメです!(受験場所により異なる)

TOEICの教材を現地調達するのは厳しく(海外でのニーズの少なさからでしょう)日本から持ち込むのが良いと思います。新形式TOEICにシフトされるのは時間の問題かもしれません。変化を求める世の常です。そしたらば立ち向かうしかありませんが、現代の私たちにはまず、どこで受験するか選択できる権利があります!

今日の一言

キタレ!海外TOEICブーム!

スポンサーリンク

TwitterでSeca_Challeをフォローしよう!

いいね!して、セカチャレの
最新記事を受け取ろう。

最新情報をお届けします

facebookアカウントでコメントを残す