スポンサーリンク

【目指せミリオネア!】ニュージーランドで$50ぶんのLottoスクラッチやってみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
lotto1

Yuiです。先週、クイーンズタウンのバー”LONDON”で皆がポケモンの仮装をして盛り上がる”ポケモンゴーパーティー“があると聞き、ホテルのスタッフとともに仕事終わりに行ってきました。がしかし、どこにいるんだポケモン。誰がやってるんだポケモンゴー。皆踊り狂ってるだけじゃないか。ポケモン発見!と思ったら画面でポケモンの映画流してるだけだったので10分くらいで帰りました。

今週は、ニュージーランドで一攫千金。Lottoを試してみたのでそのご報告とやり方などご紹介します。

Lottoってどこで買えるの?

lotto

写真: http://www.newworld.co.nz/south-island/canterbury/rangiora/lucky-lotto-second-division/

結構どこでも買えるイメージ。NEW WORLDやCountdownなどのスーパーの入り口には必ずと言っていいほどあると思います。でもお金のかけ事なので年齢制限はあり。買うときに年齢が分かる身分証明書を確認されました。

ちょっと調べてみた結果、ロトチケットは何歳でもOKだけど、Instant Kiwi チケットは18歳以上じゃないとダメっていうややこしい感じに。画像を見るとLottoカードの右上にinstant kiwiって書いてあるのがそうみたいですね。まあ、大人になってからやりましょうということです。

ロト売り場のカウンターにずらっとロトが売られています。色んな種類のものがあるのでどれがいいとかパット分からないですが、一枚5ドルとか10ドルでスクラッチを買うことができるのでどれでもいいと思います。

50ドル分スクラッチ買ってみた

lotto3

買ったのはもちろん私ではない。笑 私は貧乏なので、つれが買いました。日本では年末ジャンボを買うくらいでスクラッチとかやったことありませんでした。いやまさか当たらないでしょ〜、そんな簡単に勝ったら苦労しないでしょ〜と思いつつもドキドキ!

今回は7種類分購入したので、幾つかルールもご紹介したいと思います。ルールはカードの裏に書いてあるのでそれを見てやっていきます。

ポーカー形式の”LAS VEGAS”

lotto1

このカードは一枚で5ゲームできるものになっていて、各ゲームで賞金も変わってきます。

ルールはポーカー型式。簡単に説明すると、「your cards(自分のカード)」「opponent cards(敵のカード)」「Community cards」がそれぞれあって、自分のカードとコミュニティカードを合わせた5枚と、敵のカードとコミュニティーカードを合わせた5枚で、自分の方が強かったらそのゲームでWIN!というゲーム。

 

loto2

むむ!8のカードが三枚!この時点で勝ちですね!しょっぱなから$100勝った〜〜〜〜〜!!

細かいルール

  • 自分のbest5のポーカーカードには、your cardsから1枚、または2枚確実に含まれていること。
  • 敵のbest5のポーカーカードには、opponent cardsから1枚、または2枚確実に含まれていること。
  • ゲームは一個一個完結してるから他のゲームからカードは使えないこと。
  • 自分のカードにはopponent cardsを含めないこと。

などがあります。ポーカーがわからない人でも、カードの勝ち方の組み合わせが裏に載ってるので見ればなんとなくわかります。

クロスワード形式の”The Sweet life”と”LONDON calling”

lotto6

クロスワード形式のこちら、「your letters」を削って、それと同じアルファベットのみどんどん削っていきます。それで、一列全て消すれてワードが現れればいい感じ。でも最低3 wordsが削れれば$15勝!削れたワードの数だけ賞金も増えていきます。

右のゲームではYELLOW HOT WORDっていうのがあって、黄色のワードが一個削れるだけで$500もらえちゃいます。

同じ数字が出たら勝ち”EMERALD”

lotto5

これは簡単。Wining Numbers と同じ数字が出れば勝ちというゲーム。それぞれの数字の下に賞金が載っています。

「同じマークが揃えば勝ち」的なゲームがありました。

結果報告!

lotto4

$50買って、$155勝った ってことはまさかの+$105

今日の一言

これぞまさしくビギナーズラック

って思うかもしれませんが今回これを買ったつれはギャンブルにすこぶる強い。カジノでも何故かいつも勝つ。いるんですよねたまにそういう人。いつも負ける私は悔しいので勝ち方を検索していたら面白い本を発見したので載せときます。こんな人生もありだな。笑

スポンサーリンク

TwitterでSeca_Challeをフォローしよう!

いいね!して、セカチャレの
最新記事を受け取ろう。

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

facebookアカウントでコメントを残す