スポンサーリンク

【海外のラーメン口コミ】アメリカ大学院卒業の私が選ぶアメリカに行ったら絶対に食べておきたい日本のラーメン!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
IMG_0399

ニューヨークで就職が決まりました!Miwaです。これから引越し準備に向けていろいろ忙しくなるのですが、一段落したら巡ってみたいのが、アメリカで注目され始めているラーメン屋さんです。

日本で馴染みのあの味を探して

ここ数年で急激に増えています、ラーメンのお店!日本でも外国人にはとっても気に入られているメニューですね。アメリカではそれを持ち帰ってお店を始めるアメリカ人、日本から直接お店を開きに来た日本人、いろんな背景があって、それぞれの変わった味を見つける事ができますよ!

どこに行けばあるんだろう?

やはり繁華街に出なければ、シャレオツなお店って見つかりませんよね?アメリカではラーメンは今新しくて、人気な種類のメニューなので、大きな都市の街に行けば見かけるかもしれません。特によく見つけられるのは、タイやベトナム料理など、他のアジアン料理と融合されて作られている、創作系ラーメン(パクチーなどエスニック系の相性が良くて美味しい!)または、一風堂など日本のブランドが展開しているラーメン、そして個人経営のラーメン一本!なラーメン屋さんです。

600円くらいが相場の日本に比べると

値段はだいたい$10~$15と、日本での値段から考えるとギョッとさせられますね。でも!でも!!ラーメンが食べたい!!そして美味しいラーメンを自分で作ることもなかなかできませんから、私はつい食べに行ってしまうのです。日本のようにファストフード風の値段ではないですから、お店の中は綺麗で新しく、日本で馴染みのお店よりはちょっと高級感?な雰囲気が新鮮です。

肝心のお味は?

オハイオ州クリーブランドで見つけたあるラーメン屋さんでは、恐らく日本のラーメンを知らないシェフが創作で作っているようで、注文をしたらキャベツの千切り、鶏肉、紅ショウガといったちょっとびっくりな具の入ったラーメンが出てきました。オハイオ州にはあまり日本料理屋さんが流通していないので、本場の味がわからないまま、ある具材で料理されてしまい、こちらとしては驚く味が出てくる所も少なくありません。(ケント市にあるヌードル屋さんでも、天ぷらそばを頼んだら、キュウリの天ぷらが乗っかって出てきた笑)数少ない日本人のシェフを探してやっと、安心するお味に出会えるくらいでした。比べて、ここセントルイスやニューヨークでは若者が積極的に美味しいラーメンを研究してお店を開き始めている流れがあり、かなり作りこまれた味を見つける事ができます。初めてブルックリンでラーメンを食べたお店では、スタッフのみなさんも日本人、スープも魚介豚骨醤油がそろっていて、まるで日本のラーメン屋さんに飛んできたかの様な気分でした。値段は少々高くても、とても美味しい満足のいく味でした。(そして母国の味に落ち着く)ニューヨークにはおよそ33店舗のラーメン屋さんが存在しているそうなので、是非訪れた際、普段とはちょっと違ったラーメン屋さんの雰囲気を味わってみてはいかがでしょうか?(ニューヨークのラーメン屋さんを地図にまとめたラーメンマップなるものも販売されています。→http://www.allyoucaneatpress.com/shop/vol3-new-york-ramen-map

セントルイスでもラーメン

先週末、私はここセントルイスでも新しくオープンしたばかりのラーメン屋さんVISTA Ramenに行ってきました。味は、選べる三種類:“オリジナル”―“ベジタリアン”―“辛め”とあり、辛いのを頼んでみました。↓こんな感じ!

IMG_0399

メニューはこんな感じ↓

IMG_0398

(勝手にPOZOLEを辛めと書きましたが、具にChili Pasteと書いてあったので。)

↑ベジタリアンのココナッツ入りっていうのも気になりますね。つまり、ここは創作系のラーメン屋さんだ。

 

そして店内↓IMG_0400

バー、ですよね。ってくらいお洒落な店内。私の食べたラーメン、鶏肉はチャーシューに似たやわらかさ、スープも辛みと醤油が良くあっていて、麺も地元で作られた生めんを使用しているので、手作り感のある美味しいラーメンでしたよ!

 

日本で外国人の友達ができたら、美味しいラーメン屋さんを紹介してあげよう!東京のラーメン情報を英語で読んでしまえば、英単語も英会話の話題も勉強できて一石二鳥ですね~。

今日の一言

アメリカで逆カルチャーショックを経験するなら日本料理屋さんに行ってみよう!

スポンサーリンク

TwitterでSeca_Challeをフォローしよう!

いいね!して、セカチャレの
最新記事を受け取ろう。

最新情報をお届けします

facebookアカウントでコメントを残す