スポンサーリンク

アートXアメリカ大学院 ~多文化溢れる南の街って?~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
secachale2

こんにちは!前回は“アメリカ大学院でアートを勉強すること”について執筆致しましたが、アートに意識を取られすぎて少し内容がぶっとんでしまいました。ごめんなさい(ハート)今回はもう少しフラットに、以前訪ねたことのあるルイジアナ州はニューオリンズ人気のコーヒーをご紹介したいと思います!

ここはヨーロッパ?アメリカ南の街は色とりどり☆

大学院に所属していたころ、教授にお誘いを受けて参加した学会が開催されたのが、その街ニューオリンズでした。

ニューオリンズとは、アメリカのルイジアナ州に位置する街で、

ニューオリンズここ

御覧の通り、メキシコ湾に面する暖かーい(魚介がおいしい!!)街です。私が訪ねたのは10月の始めでしたが、半袖でも夜まで暑いほどでした。アメリカの南側と言えばアフリカン・アメリカンの奴隷制度があった為、人種差別について今でも話題に上ることが多い地域ですね。しかし、年代を重ねてヨーロッパ文化とアフリカ文化が融合された、ユニークな文化も見受けられます。ニューオリンズは特にJAZZが有名で、多くの歴代アーティストが育った場所のようです。

フランスの風情が残る、フレンチ・クォーター(French Quarter)

ルイジアナ州は、もともとフランス植民地であったため、アメリカの中では比較的歴史の長い街で、19世紀から今も町並みが残されている地域があります。“フレンチ・クォーター”と呼ばれるこの保護地区、ニューオリンズの中でも観光Hot Spotになっています!植民地時代の建物や文化が今でも色濃く残っていて、当時の情景が想像できるような、面白い雰囲気を味わえます。まるで西部劇のセットみたい!

secachale

日本でいう、京都のように、網目状に引かれた町並みはほとんど歩行者天国になっていて、どの道を歩いても、路上でジャズを演奏している人がいたり、絵を売っている画家さんがいたりと、本当にいろんな文化に溢れています。古い建物フェチの私にとっては絶好の写真スポットでもありました。レンガ造りが!馬車が!カラフルな壁が~!ひとりでちょっと興奮していました。DSCN0112

secachale2

1800年代から残っているお家やお店が本当に多く、なかには博物館として公開されている中を見学できる建物もありました。私もお気に入りの裁縫屋さんを発見☆secacharesaihou

来たら是非お試しを!クセになるチコリーコーヒー

チコリーとは、ポケモンのチコリータではありませんよ。青いお花が咲く植物で、(和名:キクニガナ)アメリカ国土の道端にもよく見受けられます。これが、苦味の強くて健康にいい植物だそうで(爽健美茶にも入っているらしい!)ヨーロッパの人が昔高価であったコーヒーの代わりに、このチコリーの根をローストして挽いたたものを代わりに愛飲していたそうです。その文化が植民地時代ここニューオリンズにも伝わり、今でもコーヒーと混ぜて飲まれ、お馴染みの味となったそうです。このチコリーが入ったコーヒーは、香りが少し変わっていて、ちょっと粉っぽいお味です。カフェオレにするととってもマイルドになり、これがなんとも独特で美味しいのです。日本でもオーガニックショップとかで売っているみたいですね。

そんなチコリーコーヒーを味わえるのが、

secacharecafe

カフェデュモンド(Cafe De Monde)です。私が行った朝9時ごろにはすでに満席+席待ちで、とても座れそうにはありませんでした。なので、代わりに持ち帰りの列へ並び15分ほど待ってようやく 辿り着きました。(本当に人気!)カフェオレとベニエ(あげドーナツに似た甘いパン)、そしてお土産にコーヒー缶もゲット。このカフェデュモンドはフレンチ・クォーター真ん中、ミシシッピ川の側にあります。

 

フレンチ・クォーターはとにかく毎日がお祭りのように賑わっていて、一日中歩いていて楽しい街だとひとりで感激しました。ヨーロッパみたいだけど英語だし、本格的なジャズが道端で聴ける!とってもお勧めの場所です。今でも、ニューオリンズにまた行きたいなー、と夢をみさせてくれるのは、このチコリーコーヒーです。笑 缶を切らせることなくオンラインで注文したものを今でも飲んでいます。(フレンチプレスがおすすめ)

secacharecoffee

旅先のお土産って、マグネットやキーホルダーだけじゃない味の思い出も持ち帰りができると、次の旅がまた楽しくなりますね!

今日の一言

アメリカは州ごとにいろんな国の特色があるから面白い!歴史に興味が湧く国だよアメリカ。

前回の記事:

スポンサーリンク

TwitterでSeca_Challeをフォローしよう!

いいね!して、セカチャレの
最新記事を受け取ろう。

最新情報をお届けします

facebookアカウントでコメントを残す