スポンサーリンク

多忙なふたりの一つ屋根の下生活★

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
b9ba2458dfa2e4624a978095cd78104c_s

こんばんは〜★仕事が全然終わらないKaboですよ〜〜〜。それもこれも、春からフリーランスでデザイナーを始めよう!と意気込みはあったのですが、実際に仕事はあるのか、、?!お金が稼げなかったらどうしよう、、?!という焦りから学生の頃(そして非常勤講師の頃も)からお世話になっている派遣のバイトを詰め込んでしまったからなのですね。。デザイナーのお仕事はありがたいことにしっかりあり、そして来週からはまた新しいお仕事も始まる、、ということで心が休まらずざわざわです。。笑 ブログの更新も遅れております。Piroからのメッセージがくるたびすみませぬ〜〜という気持ち。本当はもっとこのブログで一週間の振り返りをしたい、、と思いつつ、、そう、思いつつ、、という状況であります。笑 仕事の整理整頓がなかなかうまくできない私です。そんな私のプライベート、彼氏と同棲していなければ三週間とかざらに会いたくないくらいの毎日です。すみません、なのでブログもちょい短めです。

世間一般の働く女性に聞きたい、パートナーと仲良しでいる秘訣

今日、すっと胸に沁みた言葉に出会ったので紹介しまぷ。「新婚の頃はまじでいろんな人に仲が良いは最初だけで夫婦仲は冷めていくもんだから覚悟しとけよみたいなこと言われましたけどアレほとんどなにもしてないのにパソコン壊れたみたいなもんだよな。なんかしてるか、なんかし忘れてるかなんだよ。」ってTwitter。なるほどなあああああと思いました。一番近い存在だからこそ、頼りすぎたり甘えすぎたりしちゃうんだよなああああって。イライラしてあたってしまうのも甘えだし、仕事が忙しい!って言って朝お見送りしないのも甘えだし。。ただ何も不快に感じずに相手が受け入れてくれれば、それはそれでいいのかもしれないけど、そんなこと100%ないですよね。自分が100%気を遣わないで不快に感じない相手って誰もいないんじゃないかな?(中にはいるかもしれないけど、そんな神様みたいな人に少しは感謝の気を遣ってほしい。。笑)でもさ、仕事って言っちゃうとなんでも許さなきゃいけない風潮あるじゃないね。。ごめんなさいと反省の日々です;;今、朝の3時過ぎ、、明日起きれるかな、、? #主婦尊敬

永遠とか絶対なんて関係性は、努力の上にしか存在しない

って思います。Kabo、それなりに年をとり← 恋愛も年相応にはしてきまして、初めての彼氏・その次の彼氏・その次の…と出会いと別れを繰り返すたびに、自分は恋愛においてこんな感じになると終わる。← という傾向が少しずつわかってきました。学生の頃の恋愛ほど「永遠」とか「絶対」とか「一生」とか頻繁に口にしちゃっていましたが、年を重ねていけばいくほどに重みのある言葉を軽々しく口にする事が出来なくなりました。それは永遠を続けていく事の難しさを少しづつ理解できてきたからなのか、、はたまた自分の未熟な恋愛に対して少し冷ややかな目で見る事ができるようになってきたからなのか。前者も後者も私にとってはとても大切な視点で、より自分にとって現実的な相手を求めるようになってきたからなのかも知れません。どんな人間関係もそうですが、一人の人と深いお付き合いをするのって結構な気力と体力と根気が必要ですもんね。何もしないで「永遠」なんてないですし、「絶対」崩れない関係性なんてのも存在しない。努力しないで頑張らないで、永遠に自分に変わらぬ愛情を持て、だなんで虫の良い話ないですもんね。

最後に

実際におつき合いを始める前に、自分が好きになった人が自分と様々な場面でテンションの合う、根っこの部分がぴったりな人であれば尚最高かと。笑 なかなかそんな初対面からベストな関係性の相手を見極めるのも至難の技。。笑 おつき合いを始めて、初めて相手の素敵なところも、だめなところも見えてくるもの。おつき合い、とことんしないと分からないことだらけ。心の距離の埋め方は恋人によって少しは違ってくるかもしれませんが、結局それもそれぞれの努力の形なんだろうな〜。環境が変わればパートナーが同じでも、努力の形を変えていく必要もあるだろうし、なかなか恋愛って大変。私も環境ががらっと変化したので、気を引き締めて二人の未来のために(?)努力していかないといけませぬ!(大丈夫!まだ仲良しです←)

436598316aa60e47c821f6ad276a1061_s

今日の一言

Kabo、男だったら彼女に「私と仕事どっちが大事なの!?」と言われかねない。

スポンサーリンク

TwitterでSeca_Challeをフォローしよう!

いいね!して、セカチャレの
最新記事を受け取ろう。

最新情報をお届けします

facebookアカウントでコメントを残す