スポンサーリンク

何事も経験。本当にやりたい事をやれる人になるために「ながら選手」を極めてみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
drown-frustration-rage-under-water-pool-cry

イースター(日本でいう大型連休GW)が終わり、匂いが冬になってきましたニュージーランド。3月31日に退職したPiroは、なんと今日、次の仕事の面接とトライアル(研修)を受けてきました笑 どれだけ仕事好きやねん笑 あんなに学校通って、英語がっつり学ぶから働かないー!とほざいていた自称仕事大好き人間(Workaholic)恐るべし笑 何事も経験ですから、やりたいと思った事はすぐやると決めている2016年。何故なら時間は有限だからです!

次のための今を大切に。やりたい事をやれるカッコイイ大人になるためには?

mark-516279_1920

前回、「あーオフィスクローズ前で時間ない!そうだ、昔のblog(Pirog)から引用しよ!」と書いた記事

が、何と過去最高のリーチ率を出しました!

スクリーンショット 2016-04-05 17.28.49

なんと636人!結構、精出して書いた記事

でも200〜300人のリーチ率だったにも関わらず、なんだか自分が書きたい事と求められるものてギャップがあるんだなぁとしみじみ。世に言う、「自分が好きな服と自分に似合うと言われる服は違う」というやつですね。そういえば「自分が気に入らない髪型が周りから気に入られる」というパターンもありました。めっちゃ右だけ刈り上げられて鳥の巣みたいになり、美容院の下に落ちている髪を持って帰ってやろうかと企む私をみて、過去最高の似合っている髪型だと言ってくる輩もいました。なんだかなぁ〜(ちょーさん風)改めて、需要と供給を考えさせられているPiroですが、とりあえず、オフィスクローズの事(ビジネススクール紹介や解約手続きノウハウ)はさておき、本題。

いつかやりたい〜て思った事はまさに想った瞬間に行動に移すべき!でないと、やらない。

car-852537_1920

Piroは意外に、念密に計画を立てて、調べて、時間をかけてから行動に移すタイプでしたが、生産性が悪い事によーやく気付きました。ここでいう生産性とは、自分が新しい自分を生み出せているかどうか。もちろん利益を生み出しているかとビジネス観点の生産性もあると思いますが、あーでもない、こうでもない、どうしようと自分の頭の中で悩み、自己解決している時点では、まだ何も起きてないし、何もしていないのと一緒!

悩んでいる人にブッタが言いました。「その悩みを目の前に出しなさい。」

私が大好きな4コマ漫画本にこういう類のやりとりがありまして(うろ覚えだな、おい笑)目の前に出せない、かたちないものに悩んで囚われているなんて時間もったいな!て思ったのです。この悩んでいる時間に既に何か出来ると気づく事が大切。

いつかは漠然としているから、いつでもやれる事をまずは考えてみる。

いつかやりたいて思った事が例えば、社長になりたい漠然と大きな目標でしたらまずやれません笑 全てはスモールステップ。社長になりたい。何の?→IT関係→フリーで活動→webを作成→webを学ぶ→本屋に行く。こういったステップが全て積み重なり、いずれ社長という目標にベクトルが進むわけですね。ホリエモンも言ってましたが、「分からない事はとりあえず本屋に行って分かりながら取り組む」

この「ながら選手」こそまさに、やりたい事を今やれるようにするための第一歩だとPiroは思います。Piroもバンクーバー、カナダ勤務の時に、会社の新事業部立ち上げ責任者を担う中、自分も誰も分からない不確かな世界でかたちにしていきました。何故か?「分かりません。」て言ってたら何も生まれないからです。言われた事を分からないと拒んだりしたら、ビジネスの生産性が非常に悪いです。特に、日本に帰ってフリーで一時期、映像の仕事をしていましたが、「分からない」と言ってたら間違いなく仕事はなくなりますね。

分かりません・出来ない・ちょっと待って表明=私は無能証明。

portrait-317041_1920

どんな要求でも、自分が無知でも、求めてくれる存在がいれば応える知の探求が必要です。ホリエモン同様に、分からない事はすぐにネットでググったり、本屋に駆け込み、自分で作業用マニュアル本を作成していた日々が懐かしい。

実はやってみてダメだったらやめれば良いし、なんか違う?て想った時、初めて止まって、修正すれば良いのです。全てはやりながら!

最後に

ニュージーランドは特に仕事にシビアです。私を取り巻く環境は特に。常に誰かとあっていても「何の仕事をしていますか?」と必ず、仕事を聞かれます。私は起業するには準備する時間が必要だ!と思い、あえてフレキシブル(時間に融通が利く)ニートだ!と、カナダから日本へ帰国した時は、次にニュージーランドへ渡航する事を決めていたからこそ責任が少ないアルバイトをしていました。自分の時間を取られたくなかったので。その間、起業の前にフリーで自分がどこまでやれるかやってみたかったのもあり、当時はアフィリエイト(広告収入みたいなやつ 大雑把笑)だけで月5万〜10万円の収入がありましたが、それでも親には「汗水流して働いていないとは何事か!」と喝を入れられ、「汗水垂らして働くのはもうナンセンス」と返していた時がありました。ニート、フリーランス、大企業就職の経験を経て、今だからこそ思うのは、やっぱり汗水垂らして働く意味は大きい!という事。

何事も経験。働きながら経験と知識を積み、自分のやりたい事へ活かす。

ZN82Z5VM87

結局、現場で学ぶのが一番なので、まずは興味を持った世界へ飛び込んでみる事。最終的にはセカチャレで食べていけためには?これから自分のやりたい事を実現していくためには?と考えた時、仕事をして、汗水垂らしてお金を稼ぐ意味や有り難みを感じ、仕事の姿勢を学ぶ事は大事!と、いう事でPiroは仕事をし続ける道を選びました。選択した事には、奨学金返済や、結婚、移民等への金銭面の理由も否めませんが、どの業界にも仕事の姿勢は学ぶべき方がいますし、自分が無知な世界こそ、自分の既にもっている知識と新結合(New Combination)させるにワクワクする事はないです。新しい自分を生産出来る「ながら選手」になろう!

今日の一言

ながら選手を極めるために、汗水垂らして働く!

スポンサーリンク

TwitterでSeca_Challeをフォローしよう!

いいね!して、セカチャレの
最新記事を受け取ろう。

最新情報をお届けします

facebookアカウントでコメントを残す