スポンサーリンク

【オフィスクローズ日記】失業第2の壁.とにかく不安になる現在からとにかく明るい未来へ繋げるIn my lifeの見直し

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
5407285376_1342c30cc2_b

皆さんは、もうダメだと思った時に、どんな切り抜け方をしてきたでしょうか?どうにかしないといけない、でもどうすれば良いか分からない。そんな時に一番の答えを教えてくれるのが、In my lifeの見直しです。

 

「オフィスを閉鎖します。」「空きが出ないと人員は募集しないので、異動はありません。」強制退職が決まったその日に、まず始まる空の境地。前回、失業第1の壁.終わりが決まっているだけマシ!先のみえない悩みもあるのだからとPiroなりの失業第1の壁:空の境地克服の仕方を共有しました。結局、他者の有難いお言葉で前向きになれたPiroでしたが、今回のキーワードは、まさに自分です。

失業第2の壁.とにかく不安になる

woman-morning-bathrobe-bathroom

私の場合は丁度、ワークビザ申請の準備をし始めようとしていた瞬間に失業の話を聞かされました。オークランドで3年のワークビザを取得し、結婚式を挙げた同僚がいる事から、大いにサポートをしてくれる味方がいる事に喜び浮かれていたたるや。Piroもまず、3年のワークビザを取得する事。次に、悲願の結婚式を挙げる事。そして、永住!!!まさに未来予想図絶好調。頭の中に流れ始めるDREAMS COME TRUE (通称ドリカム)のあの名曲。

卒業してから付き合ってからもう3度目の春(2016年)。

ずっと心に描く未来予想図はほら思った通りにかなえられていく。」


(ルネッサ〜〜ンス)叶えられないやないか〜い!!!ちーーーーーん

ほんまもんのちーーーーーんでしたけどね!!!笑 今だから言えるけど、1ヶ月間、ずーと悲しみ苦しんで精神的不安定でした。それでも、目の前の日々は無情に続いていくし、お客様はいらっしゃるので不安にさせてはいけない。2016年年明け早々から1ヶ月以上、もう一人の自分を演じ続けました。それも仕事です。

失業第2の壁:とにかく不安になる現在をとにかく明るい未来へ繋げるステップ

FKX9UUUWQE

ステップ1.とにかく優しくなる

まずは、悟られないように、とにかくお客様に何かしてあげられないか考えるようになります。別に、Piroは悪くない。そう言われるのですが、自分の不安や未来から目を背いていられる事=目の前のお客様のケアでした。この時から、プライベートの時間を割いてでも、お客様との時間を創るようにしました。「何かやり残した事はないか。やれる事はないか。」つねに自問自答の日々です。そう思わせてくれたお客様に出会えた事は、本当に今の会社で勤めていた財産です。感謝。

2.とにかく明るい言葉や音楽を否定する

世界で一番の悲劇のヒーローという役目に居心地を感じます。あらゆるポジティブなメッセージを皮肉と捉え、ショックの大きさから一切のポジティブなメッセージを遮断します。なんで、失業だけで?そう想う人は、必見です。Piroが最低賃金でやっていた仕事の内容、Piroの肩書きや置かれた状況が後ほど、大きく関わってくるので、これはまた別回、神回にて笑。

3.不幸中の幸い

「ワークビザの健康診断、他の人が集まらなかった証明の求人募集を出す前で良かったね。」確かにそうなんですよね。それはそうだと思いました。無駄な時間やお金をかけずに済んだ。2年後3年後先が見えない、経営の危ない会社と無縁になれたという事も不幸中の幸いです。私の大好きな同僚もみんな辞めていったし、辞めてしまう事。給料未払い等、更なる泥沼の前で良かったとほっと一息。

4.今なんだかんだこうして生きている

結局、あーもうダメだ、この世からいなくなりたい!て思った時を生きていれば何度も経験し、全て乗り越えてきて今この場所に立っている。止まない雨はない。明けない夜はない。ここから明るいポジティブな音楽を欲し始めます。自分の存在意義を求めていくわけです。人間てなんて単純なんでしょうね。自然と、感情は収まるし、死ぬまでこの状況を覚えているかといったらそうではない。

5.In my lifeてどうだった?どうやって辛い時、乗り越えてきた?

人それぞれですから、結局、自分の事、自分が一番よく知っている。知らなくても、自分という人間を自分でずっと看てきた訳ですから、パターン化出来るんです。こういう時、こうする?自分の取扱説明書、Q&Aです。落ち着いた時に、自分の過去のうった文章や、メール、体験、じっと目をつぶり思い返すと、Piroはそういえば、何か悩んでいる時に、パッと思い付きで行動したり、手にかかるもので成功した事なかったな。悩んで悩んで、じっくり今のやれる場所を考え、そこで一生懸命やれる事、まさに今やれる事をやっていけば次に繋げれたという体験しかないです。英語が大嫌いだった自分が、13年間やり続けたサッカーを辞め、大いなる自己喪失、紆余曲折を経てカナダへ留学出来たのも、思い返せば、大学入試の時から「海外へ行きたい」て言い続け、大学学科の入学イベントで、壇上に登り、一人一人自己紹介した時も、「高校は全国を目指してサッカーをプレーしていましたが、大学は世界を目指します。」て一人だけ言ってたっけ。あの時から全て今は繋がっているし、繋げてきた事に間違いはないのだから。だから、自分は今も絶対、乗り越えられる。次に繋げられると確信し、前進。そういえば、あの後、大学で何故かあだ名が「世界」になってたけど笑

最後に

結局、自分、めちゃくちゃ悩んだ時、辛かった時に、何したっけ?In my lifeの振り返り、成功例を分析する事で、今の悩みを打破できます。こういう時に、こうして、こうなった。良いパターンをコピペして応用です。

今日の一言

「答えを探しにきたの?それじゃあみつからないよ。答えはいつも自分の中にあるのだから。」

スポンサーリンク

TwitterでSeca_Challeをフォローしよう!

いいね!して、セカチャレの
最新記事を受け取ろう。

最新情報をお届けします

facebookアカウントでコメントを残す